スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 芸術は神様からのプレゼント

5bbbc025.jpg少しご無沙汰になりました。。ごめんなさ~い。

3/21 大阪、尼崎にあるアルカイックホールにて
行われた"JESUS FESTIVAL"というイベントに参加。
そこで僕らは約10分程のステージをパフォーマンスした。
“僕ら”というのは、僕を含め、計24名のダンサー、シンガー、
ラッパー、そしてミュージシャンのことである。
ダンスと歌を通して、ゴスペルのメッセージをお洒落に
そして熱く届ける、とてつもなくナウいクルーである。

今回このステージングをプロデュースしてくれた
ダンサーのSHOGOクンは、"THE BUZZ SHAKER FAMILY"
というダンスクルーの一員で、DABOやドーベルマンインク
など、第一線のメジャーアーティスト達のバックダンサーとしても
活躍している、超一流のヒップホップダンサー。
またストリート系アパレルブランド、”MAPLE COMICS"での
プロデュースなど、そのクリエイティブなライフスタイルは
まさしく『B-BOY』である。
そのSHOGOクンの見事な振り付けを僕はただただ
必死に覚えていく。練習では、時折、足がもつれて、
酔拳をやってるジャッキー・チェンのようにしか
見えないときもあったり、まるで変なキノコを
食べたんじゃないかというようなヘンテコステップ
になってしまったりしてたけど、
本番では何とか楽しくやれたと思う。

僕らがダンスし、歌うことによって、
来られていたおよそ1800人のお客さんにも
僕らの喜び(それは、今を生かされているということの喜び)を
届けることが出来たのならば、
それ以上に幸せなことはないと僕は思う。

(写真:一番手前右→SHOGO氏、最後列に福原とその左→YOSHI BLESSED、
    そして、J DISIPLES CHURCHのクワイヤー、ミュージシャンの方、
    & DA HOLLY HOOD PRAYAZをはじめダンサーの皆さん)
スポンサーサイト

 3.12 熊本

昼過ぎに鹿児島を出発し、いざ熊本へ。
このツアーでの最終ステージということで、なんだかちょっと寂しい気持ちもありつつ、全てを出しきることに集中して備えていった。
おかげさまでライブには沢山の方が観に来てくださり、僕もツアーのラストにふさわしいハッスルぶりを発揮。(ハッスルしすぎたあまり、凡ミスもあったんだけど。。)
ただいま帰路につき、山口県を通過中。今回の九州ツアーの模様は、追って写真入りでアップしていきたいと思っているので、乞うご期待☆
ではではー。

 3.11 鹿児島

長崎、諫早での素晴らしいひとときをかみしめつつ、鹿児島へと出発。
途中、西郷どんの、顔の部分がくり抜いてある撮影用のセットに、シゲ山本氏のアツい要望に応えるべく、順番こで写真撮影♪この写真はあまりにもおバカな顔をしてるので、皆さんにはお見せ出来ないのが残念。。(笑)
昨日から沢山写真を撮っているんだけれど、ゆっくり皆さんにも思い出アルバム的に楽しんでいただきたいので、家に帰ってから写真はじわじわアップしたいと思います。お楽しみに☆

さて、明日は熊本♪
いってきまーす。

 3.10 長崎

昨夜大阪を出発し、今朝の九時頃長崎県に無事到着~☆
今回のツアーは、楽器だけでなく、PA機材も全て持参してきたので、車はワゴンなのに荷物でパンパン。。
午後一番に機材のセッティングをして間もなくライブがスタート♪ とっても楽しいひとときでした。
善隣荘の皆さん、どうもありがとうございました(^-^)/
心から感謝して...

明日は鹿児島♪
また報告しまーす。

 九州ツアー

明後日(10日)より、いよいよ九州ツアーがはじまります!

3月10日 at 長崎善隣荘 14:00~
  11日 at 鹿児島キリスト教会 17:00~
  12日 at 熊本ナザレン教会 18:00~

今回は、教会をお借りしてのライブが多くなります♪
僕もとっても楽しみです。
いいライブが出来るように、備えていきたいと思います!

出発は明日の晩。
九州の皆さん、待っててくださーい★
では、またあちらより近況報告します。
それじゃまた♪

 僕に出来ること...

今日は、久しぶりに自分の母校(高校)へと足を運んだ。
懐かしい校舎の隣りには、
真新しく輝く新館が建っており、
先生方も半分以上は、僕の習った先生方では
なくなっていた。
在学中、一番お世話になったJ先生と会うために、
僕は学校を訪ねたのだった。

そして久々の再会。。
先生のその変わらぬ笑顔が
10年のブランクを一瞬にして
埋めてくれたように感じた。
しかし、それはあくまでもフィーリングの話
であって、実際は、僕の通ってきた10年間を
言葉で伝えなくては、何も伝わらない。
何から話したら良いのか分からないまま
今、自分が行っている活動のこと、
それまで自分が通ってきた道程を
少しずつ話していくなかで、
先生は、僕にとても大切な『問いかけ」を
与えてくれた。

「僕の隣人とは誰なんだ?」
「僕は他者のために、何をすべきなのか?」
「僕には何が出来るのか?」
「僕の叫び(メッセージ)はどこから来ているのか?...」

独りよがりの、ただの音楽が好きなミュージシャンではなく、
誰かのために、僕には一体何が出来るだろうか?
歌うことを通して、僕が出来ること、
生きることを通して、僕が出来ることは何だろう...
誰もが、それぞれの人生の中で、与えられている
ミッション(使命)があると思う。
家族のために、友人のために、日本のために、
アジアのために、世界のために。
僕の「隣人」、つまり「他者」に対して、
僕には一体何が出来るだろうか?
考えていきたいと強く思った。

『愛は行動』
その言葉をしっかり握っていきたい。
Material by 青の朝陽と黄の柘榴/Template by Ophelia
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。