スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ライブ前日、いつもドタバタ。

いよいよ明日は待ちに待った?難波フラミンゴでのライブの日!
『?』マークがついてしまったのは、言うまでもなく、待ったというよりも
ライブまでもう少し時間をくださーーい!!って気持ちだからです。(笑)
しかしながら、イベントがとても楽しみなのには変わりないのですが。

今日は、最終リハということで3人でスタジオへ。
ある意味ですべてが初挑戦なので、明日はきっと、ちょっとびっくりな
ステージになる予感!です。(笑)
ライブに来てくださる皆さん、どうぞお楽しみに♪
明日はお会い出来ない皆さん、また次の機会にどうぞよろしくお願いします☆

それでは今日は早めに就寝だ~。おやすみなさい。zzz....
スポンサーサイト

 10/7 Live ♪♪

ca228243.jpg福原崇喜 ワンマン・ライブ


“しっとりお洒落な中華ダイニングレストランで
    心にしみこむ珠玉の音楽を...”





10/7(sat)

場所 : 煌彩酒家 燦花(sanka) (大阪心斎橋)

Open : 18:00
1st Stage : 19:00~
2nd Stage : 21:00~(入れ替えなし)

前売りチケット / 2,000円(1ドリンク/1フード付き)

煌彩酒家 燦花(sanka)

大阪市中央区博労町3丁目2番15号
* 地下鉄御堂筋線心斎橋駅2番出口 徒歩5分
tel: 06-4704-6066

ホームページ
→http://www.ganva.com/sanka/

_________________________________________________________________________________________________


こちらは僕のワンマン・ライブです。(サポートミュージシャンあり。)とってもお洒落なレストランで、ゆっくり僕の音楽をお楽しみいただけます。ステージは2ステージありますので、お時間のご都合に合わせてお越しください。(入れ替えはありませんので、両方観てくださっても結構です♪)今回は、生楽器をメインにしたアコースティック・ライブといった感じになると思います。どうぞお楽しみに!
*お席に限りがありますので、お越しいただく際にはお早めに下記のメールアドレスにお申し込み下さい。
前売りチケットをお取り置きさせていただきます。

チケットのお申し込みはこちら
→mail@firstfloor-recordings.com

 9/29 Live ♪♪

d8725f4f.png"GOSPEL HOLY NIGHT Vol.3"

9/29 (fri)

場所: フラミンゴ・ジ・アルーシャ(大阪難波)
open: 18:00
start: 19:00

1st stage
19:00~19:30 / Yoshi Blessed (w/dancer&singer)
19:30~20:00 / 福原崇喜 with シゲ山本(key),美山恭寛(dr)  

2nd stage
20:30~21:30 / ゆかり☆Gospel with 野田常喜(pf)
singer:Kumiko 、Ken Matsuda、perc:門地雅和 Dance:Shogo from Bazz Shaker Family、Akari

チケット/前売2000円、当日2500円(1drink&1food 別途必要)ゆったりとしたテーブル席で食事をしながらライブを見ていただけます。

フラミンゴ・ジ・アルーシャ HP
→http://www.flmg.jp/index.html  
_________________________________________________________________________________________________


今回で3回目となるこのイベントですが、ゆかり☆ゴスペルさんをはじめ、関西屈指のゴスペルアーティスト達が毎回素晴らしいステージを披露されてます。前回もお客さんは満席となっていたようですので、ご希望の方はお早めに下記メールまでお申し込みください♪(前売りチケットをお取り置きさせていただきます)素晴らしいミュージシャン、アーティストさんたちと、ゴスペルの愛、希望のメッセージが溢れるライブをお届けしたいと思います。お近くの方は是非観に来てください!よろしくお願いします☆

チケットのお申し込みはこちら
→mail@firstfloor-recordings.com

 時差ボケ~なんて~気にしないさ♪

86af28c7.jpgさて帰国後まもなく予定がバッチリ詰まっている福原です。頭は動いてる(つもり)だけど、カラダがまだ時差ボケしてるかな。。そんな中、昨日はお昼からファーストフロア・スタジオにてキーボーディストのご存知僕の相方シゲ山本くんと、この度新しくサポートメンバーとして演奏してくれることになったドラマーの美山くんとでライブのリハをやりました♪実は三人とも某D志社大学の軽音楽部の出身なので、ちょっと気持ち悪いです。(笑)しかしながら、もちろんそこから生み出される音楽は間違いないので、皆さんどうぞライブをお楽しみに♪また新しい僕の音楽と出会えると思います。お二人に感謝。

その夜、今月29日に行なう難波フラミンゴでのライブの打ち合わせのため、ゴスペルラッパー"YOSHI BLESSED"のスタジオを訪問。予想GUYなサプライズ・ゲストも途中から来て、内容たっぷりの打ち合わせ談笑会は結局深夜まで続きました。ヴィジョンを分かち合える仲間がいるということは幸せなことですねー。


写真 : YOSHI BLESSED(左)とチャットで打ち合わせ。(嘘)

 NY→CHICAGO→OSAKA

c3117da1.jpgアメリカ・ニューヨーク時間、19日の朝10時にニューヨークを出て、シカゴ経由で大阪関空に日本時間の今日午後4時に無事帰ってきました。機内では本を読んだり映画を観たり、少し寝たりもしましたが、合計15時間ほどのフライトはやはり疲れますね。久々の自分のベッドで今夜はゆっくり休ませていただきます。この旅を応援して陰で支えてくださった多くの皆様に心より感謝いたします。どうもありがとうございました。
明日からまた待望のライブに向けて備えていきたいと思います!それではみなさん、おやすみなさい♪

写真 : ロングアイランド鉄道の車窓から。ニューヨーク最後の夜。

 SEE YOU AMERICA♪

9/18 (Mon)

さて、3週間のアメリカ滞在も明日で終わりです。
あと少しでニュージャージーをたち、今夜はニューヨークで一夜を過ごし、明日の朝のフライトで帰路につきます。ですので、次は帰国後の更新となりますので、よろしくお願いいたします。

皆様のあたたかいお祈りと心強いサポートに心より感謝して。
また日本で会いましょう。

See U soon!!!

福原崇喜

 Amazing!!!

06f4e920.jpg劇が終わった後に牧師先生が出てこられ、ゆったりと流れる時間の中で、メッセージを語られました。
今日この夜から、イエスキリストとともに新しい人生を歩みたいと、多くの方々が決心をされて一階に招かれておられました。本当に感動しました。バンドの演奏も素晴らしかったです。

 現代風の劇

9023603b.jpg迷いに迷って、夕方4時頃、無事に到着。まるで劇場のような立派な礼拝堂では、現代風の劇が行なわれており、ほぼ満席の会堂からは、終始大爆笑が起こっていました。こんなに楽しい教会ならば、お金を払ってでも観に来る価値がありそう!(笑)しかし、楽しいだけではありません。そこにはしっかりと、聖書のメッセージがあるんですね。

 Brooklyn Tabernacle Church

aeaf2014.jpg9/17 (Sun)

ベルモア祭りを堪能した後、僕はその足でブルックリンにあるブルックリンタバナクル教会へと向かいました。
この教会は、世界的にも有名で、ゴスペルの聖歌隊が昨年もグラミー賞をとっています。すごいですね。
今回、ひょっとしたら時間が取れそうで取れないかなぁと思っていたのですが、幸いにもそこへ行くことが出来ました♪

 Bellmore祭り

712ecc31.jpgこの日は一年に一度のベルモア祭り(この街の名前です。)の日で、沢山のお店やこのように移動遊園地のようなものが来ていてとても盛り上がっていました。子供たちはとにかく大はしゃぎ☆ さすがアメリカ、お祭りのスケールも大きかったです。

 ニューヨーク日本語教会

aa881685.jpgみんな元気でとても明るく楽しい教会です☆

 ゴスペルって何だろう?

ec6509f7.jpg9/17 (Sun)

先週の日曜日と同じく、今週もニューヨークのロングアイランドという場所にあるニューヨーク日本語教会に行ってきました。先週は木戸ブライアン牧師先生が不在だっため、今回やっとお会いすることができました。
今回のアメリカ滞在において、木戸先生には渡米前より本当にお世話になり、心より感謝いたします。


『それからイエスは弟子たちに言われた、「だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい。自分の命を救おうと思うものはそれを失い、わたしのために自分の命を失うものは、それを見いだすであろう。』(聖書/マタイによる福音書16:24-25)

聖書の中で、このように記されている箇所があります。僕は、この「自分の十字架」という言葉の真意がこれまでよく分かりませんでした。いったいどういう意味なんだろうかと。
木戸先生はこの聖書箇所を通して、このようなメッセージを語ってくださいました。
それは、「今日この日を自分のために生きるのではなく、一日一日をキリストのために生きることができるように祈り求めていくこと。つまり、自分の欲望や自己中心的な思いを捨てること=自分の十字架を負うということだ」というものでした。しかしそれは言葉で言うほど簡単なものではなく、そこには本当の闘いがあります。なぜならば、自分を犠牲にしてまでも他者を愛することが求められるからです。
結論から言うと、これは僕たち人間の力では不可能なことです。ただ一つ、僕たちが出来ることは、僕たちの罪の代価として十字架にかかってくださったイエス・キリストという方を信じ、そのような生き方が出来るように祈り求めていくことではないかと思います。
僕の友達の多くは「ジーザス・フリーク」です。(活字で書くとちょっとヘンな感じですが、笑) つまり、ジーザス(イエス)というお方の生き方に惚れ、彼の愛の大きさに出会ってしまった人たちです。そして僕ももちろんジーザス・フリークです。彼の愛がなければ、僕は誰一人として愛することができないでしょう。キリストに従って生きていくとき、自分や他人を許せなかったり、受け入れられなかったりすることによる全ての束縛から解放され、本当の自由を得ることができるのです。これが本当のゴスペルのメッセージです。

今日のこの日を感謝して。

 GROUND ZEROの一帯

c72a05a2.jpg日没から翌朝にかけて、二本のビーム光線がツインタワー跡から空に向けて放たれたそうですが、僕は時間の都合で観ることが出来ませんでした。

 写真のアップ2

652f0deb.jpgFDNYの方々が、懸命に救助活動をされている瞬間の写真。
救助活動中、多くの救助隊の方が命を落とされています。また、5年経った現在でもビル崩壊による粉塵によって、呼吸器官の障害を負った方が沢山おられるということです。。

 写真のアップ1

b4a81cf9.jpgこの光景が現実として起こったということが、ちょっと信じられないです。。

 写真の展示

d36f67c6.jpgこのように、フェンスで覆われたGROUND ZEROの外側に、いくつもの写真が展示されていました。

 9.11 GROUND ZERO

c94ecd85.jpg9/11 月曜日 その2

皆さんもご存知の通り、5年前のこの日、この街で同時多発テロが起こりました。
その悲惨な光景は何度もテレビで流れていましたが、映像だけではなく実際にその場所に足を運んで、自分の五感で確認したいとずっと思っていました。そして、今回幸いにも5年目のメモリアルデーに僕はGROUND ZEROに行くことが出来ました。
ツインタワーが建っていた場所は、いまだにすっぽり穴が開いてしまったように何も建っていません。(現在新しいツインタワーを建設構想中とのことらしいです。)そして写真をご覧いただければ分かるように、その日何が起こったのか、どんな状況だったのかを記すために、写真や、時刻まで細かく書かれた表が展示されていました。中でも印象的だったのが、その場所で熱く議論しあう人の輪がいくつもあったことです。あらゆる人種と宗教が混在しているこの街でともに生きてゆくために必要なこと、それは話し合うということでしょう。有名な宗教家であり活動家であったキング牧師は、1970年代、公民権運動のために立ち上がったとき、「非暴力」を唱えました。暴力では何も解決しない。そのことをもう一度考えなくてはならないと思います。ともに同じ時を生きてゆくものとして、違いを受け止めて、自分の利益を優先せず、認め合い、許し合っていけないものでしょうか。一人一人がそのような思いをもって生きていけたら、世界はきっと変わっていくと僕は信じます。

 NY STYLE CHEESE CAKE ♪

01ffbf41.jpg9/11 月曜日 その1

こちらに来て2週間が経とうとしていますが、一体福原はニューヨークで何をやってるんだろうとお思いの方もおられるかもしれません。実は今回の渡米はこちらでの演奏活動もさることながら、今後の活動の幅をよりいっそう拡げるための第一歩として、いろいろと学びに来たというのが本題であります。(今はちょっとその詳細はお伝えできないのが残念ですが。)皆様のあたたかいサポートに心から感謝いたします。

さて、この日はマンハッタンにあるジャズを専門としたとても有名な音楽学校を見学してきました。とても綺麗な校舎の中にはいくつもの自習室があり、そこから漏れて聴こえてくる音を、一聴しただけでもそのレベルの高さはよく分かりました。実はニューヨークにある音楽学校のほとんどはクラシックかジャズを専門に学ぶところばかり。どの学校もとてもレベルが高い!そして学費もやっぱり高い!
ということで、学校見学の後、その近くにあるVENIERO(ヴェニーロ)というケーキ屋さんに向かいました。ここのチーズケーキがとても美味しくて有名だということを雑誌で見たので、僕はニューヨークスタイル・チーズケーキを頼みました。+50セントでホイップクリームをつけれるということだったので、やはりそちらも試しにつけてみたのですが、評判通り、とっても美味しかったです☆濃厚で少し酸味のあるチーズケーキと、さっぱり甘いクリームが絶妙でした。。これ以上書くと、食べ物レポートのブログになってしまうのでこのへんにしておきます。(笑)

その2へつづく...

 WU-TANG 4EVER

3bf9de54.jpgライブ会場で偶然、WU-TANG CLAN(N.Yの超有名ヒップホップ集団)のDJであるDJ NINO CARTAと出会った。僕が声をかけたら、たまたま彼がそうだっただけなんですが、やはりNEW YORKは何があるか分からないですね。楽しい街です。

 8時だよ、全員集合。

0a30dd68.jpgオールスターメンバーが場をあたためた後、ジョージが9時頃に登場しました。故エディ・ヘイゼルのファンク魂を受け継いで、別のメンバーがおむつ姿でギターをかきむしる。後半、サー・ノーズも登場!!
バンドメンバーは、何人も交代メンバーがいて、何度か入れ替わりをしながらステージは流れていった。

 GEORGE CLINTON & P-FUNK ALL STAR!!!

78431bbe.jpg実はなんとブラック・ミュージック好きの方ならば、誰もがその存在を知っているであろう、ショージ・クリントンのライブを観に行ったのでした☆ 正式にはGEORGE CLINTON & P-FUNK ALL STAR!!!
場所はマンハッタンのミッドタウンにあるB.B KING のお店で、数件隣りに吉野家があるので、牛丼をがっつりいただいてから会場へ向かいました。
ちょっと早めに入ったのですが、そしたらなんとびっくり、いきなり入り口でサイン会をしていました。あまりにも普通に座ってたので、一瞬素通りしそうになったけど、さすがにその存在感はすごかったです。写真も快く撮らせてくれたのですが、近寄った瞬間、やはりファンキーな臭いがしてました。(笑)
ライブは時間通りきっちり始まって、少なくても3時間半は演奏し続けていました。残念ながら、最終のバスに乗り遅れるとまずいので、最後まで観れなかったのですが、それでもかなりおなかいっぱいで帰宅。
実際、ライブはどうだったかというと、、めっっちゃくちゃかっこよかったです。適当なようでかなり細かいところまでこだわって演出していたし、音楽的な技術もプロ中のプロでした。。本当に素晴らしかったです☆
お金がないので、何も飲まずに3時間半踊り倒して、帰り道にお水を買って美味しくいただきました。
実は大学時代にちょっとギャグでこのバンドをコピーしたことがあるのですが、甘かったということに今気づきました。(笑)ちなみにオーディエンスも大盛り上がりでした。ONE NATION UNDER A GROOOOOOVE!!!!!

 BROOKLYN→LONG ISLAND

d88e80ae.jpg9/9 の土曜日、ブルックリンに行ってきました。
ここはマンハッタンから橋を渡ったらすぐのところで、『ブルックリンには犯罪といわれるものは全てある』というようなところです。。しかし、僕が行ったパークスロープというところはかなり治安もよくて、最近は特に街の発展も著しく物価がどんどん上がっているとのこと。もともと僕は以前ニューヨークに来たときもブルックリンに滞在していたので、やはりこの街には思い入れがあるなぁと、その日行ってからあらためて思った。
なんといっても、アンティークな建物の外装(内装も素晴らしいです。)と、細い路地が何だかホッとさせられます。また、人間味溢れる街の人たちの雰囲気も好きです。ちょうどこの日も、誰かの誕生日だったのか、一つの路地を通行止めにして、その地域のみんなでワイワイとブロックパーティーをしていました。ステレオを外に持ち出して大音量でダンスクラシックスをかけて、みんなで踊ってました♪みなさん決して裕福な家庭ではないと思うのですが、そうやって励まし合って、ともに楽しく生きることを大切にされているんだなぁということに心動かされました。
その夜、僕は一泊25ドルの安宿で一夜を過ごし、次の日の朝、ロングアイランドにあるニューヨーク日本語教会へと向かいました。

9/10,日曜日。ニューヨーク日本語教会は木戸ブライアン先生が牧会をされておられる教会で、その名の通り日本語で礼拝されています。その日はブライアン先生が残念ながら不在だったのですが、僕が自分のおはなしと歌を歌うことになっていたので、そちらに向かいました。
ブルックリンのFLATBUSH駅からBELLMORE駅という駅までLIRR(LONG ISLAND RAIL ROAD)鉄道に乗り、約1時間。このあたりも、僕が今滞在しているニュージャージーのように、やはり自然に囲まれた静かな街でした。
礼拝も無事に終わり、僕のCDもおかげさまで完売しました♪ありがとうございます。
その後、教会で知り合ったMORIさんという男性の方が「是非うちに来て食事をしましょう」と言ってくださり、急遽その方のご自宅へお邪魔することに。実はMORIさん、僕の大学の大先輩だったのです!また、僕が音楽を学ぶためにアメリカに来ていることを知ったMORIさんは、息子さんが趣味で音楽活動をしているからということで、僕と息子さんを引き合わせてくださいました。奥様のお手製の美味しいお食事と楽しい会話で本当に素敵なひとときをプレゼントしていただきました。MORIさんどうもありがとうございました!
その後、僕はまた電車に乗ってマンハッタンまで戻り、今回の旅でははじめてのライブ鑑賞へ♪
つづきは次の書き込みへ...

 フィリーなんとかです。

41de90f0.jpgレストランで注文したのは、フィリーチーズなんとかかんとか
サンドウィッチだったと思います。(ちょっと忘れてしまった。。)
フィラデルフィアのチーズは有名だそうで、そこのチーズとビーフがたっぷり入ってました。それから、圧巻なのはオニオンリング。日本の某ファーストフード店で出てくるオニオンリングの二倍のサイズで、量は三倍くらいありました。結局残念ながら食べきれず。。
ミネストローネも食べきれず。。。

やっぱりすごいなぁ、アメリカ。

 ラマ君

7a1b3ac2.jpg同じアメリカでも、こんなに違うものなんです、ね。
東京の隣りに北海道があるような、そんな感じです。

 Special Gifts!

2731bd06.jpg9月4日、月曜日。
僕が朝食のマフィンを買いに近くのスーパーに行こうと
外に出ると、教会の駐車場周辺にある木々のメンテナンスを
するためにキャシーさんとジェネットおばあちゃんが来られてました。
僕が目覚める3時間も前から既に作業をされていたそうで、
本当はマフィンを食べた後、マンハッタンに出かけるつもり
だったのだけれども、二人では大変そうなので僕も手伝うことにしました。
キャシーさんがチェーンソーで切り落とした枝を僕が大きな枝ばさみで
小さく切って、それをジェネットおばあちゃんと一緒にゴミ袋に入れるという作業を
2時間ほどしたでしょうか。一応枝を切りそろえる作業が終わったので
三人でランチに行こう!ってことになり、いざ出発♪
ニュージャージーははっきり言って、車がないと全く身動きがとれないので
これまでニューヨークへの往復以外、どこにも出れなかったのですが、
お二人のご好意でちょっとした観光をさせていただきました。
このあたりは、本当に自然が豊かで空気もきれい。少し森の中を走って
いくとラマを飼っている牧場がありました。はじめて見るラマ君たちは
とってもキュートでした☆
しばしのドライブの後、レストランに連れていっていただき、
僕はサンドウィッチとミネストローネをいただきました。(詳しくは後ほど。)
この日はアメリカに来て一番楽しかった一日でした。

翌日、僕は朝早くに家を出てマンハッタンへ出かけました。
このところ天気が不安定なニューヨークはその日も昼過ぎから雨。
濡れた靴でちょっとブルーになりながら帰宅すると、
何やらテーブルの上に大きな紙袋と置き手紙が。。
手紙を読むと、どうやらジェネットおばあちゃんが僕のために
沢山おみやげを持って、ここに来てくれたようなのです!!
そこにはフルーツやお菓子、それから娘さんが僕のために
焼いてくださったシナモンマフィンが山盛りありました!
ただただ胸がいっぱいになり、本当に嬉しかったです。
皆さん本当にありがとう。
そしてこの出会いをくれた神様ありがとう。

Dear Mrs, Jeanette (Burns), Mrs, Jeanette, and Mrs,Kathy

Thank you so much that you've done for me!!!
I really appriciate it.
Kathy,I'm praying for your wounds.

 I'm here!

aa26f285.jpgこれが僕が泊まらせていただいている牧師館♪
立派なお家です。郵便受けがアニメの世界に出て
くるような感じです。
しかし、当然新聞はここには入らず、
朝起きるとその近辺に落ちています。
やはりテレビでよく見るような感じで
おそらく放り投げていくんでしょうね。(笑)

 看板

72015e54.jpg夜になるとライトアップされます☆

 BUTLER CHURCH

ff91e768.jpg会堂自体はアメリカではそんなに大きな教会では
ありませんが、アットホームな雰囲気でとても居心地の
良い教会です。

 "ONE"

77ec8afd.jpg今日はお世話になっているニュージャージーの
バトラーチャーチ(チャーチ・オブ・ナザレン)にて
礼拝を守らせていただきました。

僕は礼拝の中で、英語のゴスペル・ワーシップソングと
僕のオリジナル曲(シナリオ)を歌わせていただきました♪
ゴスペルソングの方は、賛美バンドの方々が今朝リハを
したときに急遽参加してくれることになり、ドラム(なんと
牧師先生がドラマーなんです!)ベース、キーボード、
そして僕の歌とギターという編成でさせていただきました。
会衆の皆さんも後半は一緒に賛美してくれて、とても素晴らしかったです。
「シナリオ」という歌については、この歌で歌っているメッセージを
英語で説明した後、日本語のままで歌わせていただきました。

魂で語り合うとき、そこには言葉や文化、人種の違いなどは飛び越えて
しまう何かがあるんだなぁとあらためて実感出来た瞬間でした。
礼拝後、多くの方からご声援をいただいたのも嬉しかったです。
WE ARE "ONE" IN JESUS NAME.

それぞれが違いを受け止めて、一つになれたらいいですね。

 NJ to NY

8d0f4954.jpgハドソン川の向こうにそびえる摩天楼のビルの群れ。
Material by 青の朝陽と黄の柘榴/Template by Ophelia
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。