スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 束の間のしあわせ

こんにちは。福原です。

カバーアルバムの制作が連日続いております☆

カバーというのは、「自分の中から生まれた歌詞とメロディーではない」楽曲をどう解釈し、調理させていただくか、という点が面白い。そして難しい...。

昨夜も日が昇るころにスタジオをあとにし、帰宅後、少し休みをとった。
借りたい本があったことを思い出し、昼前に近くの図書館まで散歩することにした。

外に出て、大正解だった!すっかり秋の風が心地よい。

SH3E0154



SH3E0161



さらさらとなびく葉の音。ゆらぐ光のトンネル。最高の時間。

SH3E0156



SH3E0159



束の間の森林浴で疲れもとれた。充電完了だ!


さて、ではもういっちょやりますか!!
スポンサーサイト

 簡単ではありますが。

どうも福原です。

夜風がすっかり涼しくなりましたね。皆さんお元気ですか?

こちらは、先月動き出したカバーアルバムの制作に日々勤しんでおりますが、諸事情により期日が一ヶ月早まり、、なかなか精神的にも時間的にも追い込まれている今日このごろ。しかし、このような機会が与えられたことに感謝であります!

いよいよ月末に向かって作業も山場を迎える様子です。

いい作品となって、皆さんの手元に届けられるように、もうひとがんばりしたいなと思ってます♪


待っててください~。




簡単ではありますが、近況報告。でした!



では!!

 本物は香り高く輝きつづける

もう十日も経ってしまった!!

いや、正確には十二日。。


夏から秋へ移り変わる、季節の流れを音や肌で感じる、旬な野菜を味わう、これが「贅沢」というんだろうなとしみじみ感じる今日このごろです。歳とりました。(笑)

いいんです、別に。(←やけくそではない。)

どんなものでも若いことがいい、新しいものがいい、とは思わないなーと。(←どんどん言い訳がましくなってます?) ま、でもそう思いますね。
「味」というものはどうも不思議なもので、古いギターが奏でる音色は、どんなに高価な最新のそれよりもずっとずっと深く響いてくる。その枯れたサウンドは、まさしく「芳醇」と言えるのではないかな...





谷啓さんの訃報を、先ほどネットのニュースで知った。

「その時」は突然やってくるんだな...と訃報をきいたときにいつも思ってしまう。

あの、「ガチョ~ン」というギャグの何とも言えないユニークな響きとともに、幼少期のなんだかとても温かい時間がじんわりと心に戻ってきた。


時が移れば世界も変わる。新しい流れがどんどんやってくる。

僕は懐古主義ではないけれど、新しいものがすべて良いもの、だとも思っていない。

本物は時代を超えて残る輝きがあり、強靭さがある。

決して色褪せず、香り高い深みと新たな喜びをいつも与えてくれる。

それがいつ生まれたものであっても。



谷啓さんに敬意をあらわして、、

「ガチョ~~~ン!!」


ときどき思い出しては、勝手に楽しませていただきますね。


谷啓さん
REST IN PEACE.
平安のうちにありますように

ご家族の皆様、心よりお悔やみ申し上げます。





追伸
さて、福原はレコーディング真っ只中でございます!!
カバーアルバムを年内リリース予定★
ガンバリマース!!!
Material by 青の朝陽と黄の柘榴/Template by Ophelia
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。