スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ☆お菓子とメッセージカードを被災地の子ども達に☆

皆さんこんにちは。

福原です。

今日は、池田バプテスト教会にて、ニュー・イヤー・コンサートをさせていただきました♪
とてもあったかい雰囲気の中、私自身、味わいながらこのひとときを過ごすことができました。

425787_171475899622701_100002808755225_176627_667347437_n


新しい一年もまた、このようにして歌を歌わせていただける喜びをもって歩んでまいりたいと思います。
日頃よりご支援くださっている皆様に心より感謝申し上げます!!

さて、

今、震災被災者応援プロジェクトとしてPower of Sweet’s Messageという働きに参加させていただいています。

この働きは全国規模で震災から1年を迎える6万人の子ども達にお菓子とカードを送るという働きです。



僕の新曲「星空の旅人」という曲をテーマソングとして使っていただいています♪

「離れているけれど、いつでもおぼえているよ。」

「一緒にこの時代を生きていこう。」

手をつないで、歩んでいきたい。

そう願っています。



2月20日~21日には、宮城県東松島市へ行き、お菓子とメッセージカードを、
子ども達にプレゼントしてくることになっています。
皆様の思い、祈りが、子ども達の笑顔に繋がっていくことを夢見ています。


これは、関東でも関西でも、全国どこででも参加できるプロジェクトです。
皆さんのメッセージを、カードに書いて、是非私達に預けてください!
この喜びの輪を一人でも多くの方と、分かち合うことができればと願っています。

詳しくは、ホームページをご覧ください。


http://sw-message.net/

プロモーションビデオはこちら↓

http://www.youtube.com/watch?v=Wjr8O3g7VkQ

よろしくお願いいたします!!!



(以下紹介文を添付します。 )


「Power of Sweet’s Message」とは、全国のお菓子屋さんと、
全国から届いたメッセージカードをセットにして、
被災地の子供達にプレゼントする、というプロジェクトです。



●全国から集まった約14万個のお菓子を(トラック100台程度)
平成24年2月20日(月)~21日(火)に被害の大きかった
3県(岩手、宮城、福島)に無料配布します。
東松島市では市長さんの応援を得て、市の全小学生約3000人にプレゼントすることが
決まりました。

この活動の始まりは、3.11東日本大震災がおきた翌週に、
被災地にお菓子を贈ろうとしたお菓子屋さんとカードを
集めた高校生からはじまった活動です。



●私たちも、簡単に活動に参加出来ます。


①「Power of Sweet’s Message」のサイトから、カードをダウンロード。
又は、ハガキサイズの紙カードを用意する。(家にあるものでOK)


②メッセージを書きます。


③書き上がりましたら、宛先を書いて、50円切手を張って郵便ポストへ投函。


この3ステップで、被災地に私たちの書いたメッセージが、お菓子と一緒に届くので
す。



メッセージカードの送付先

〒107-0062
東京都港区南青山5-12-4(全菓連ビル)
全国菓子工業組合連合会 青年部 宛

カードの第一次締め切りは2/13です。
(カードがまだ不足しています。ご協力ください)


主催は全菓連(全国菓子工業組合連合会)青年部と
Power of Sweet’s Message実行委員会がコラボして行います。


●全国規模で被災地の子どもたちを応援します。
全国の人々の被災地を思うこころを形にします。
個人でも団体でも、どなたでも自由に参加できます。
ぜひお友達にシェアしてください。

スポンサーサイト

 ☆ 1/29 New Year Concert @ 池田バプテスト教会☆

一月のうちにやっておきたいこと!

書き初め~!(いろんな意味で今さら?ですが、なんだかやりたい...)

新年会~!!(あー、これ、まだ誰とも一回もしてないな...)

歌い初め~!!!(こちらは、先週、某少年院にてさせていただきました!)
ちなみに、これは、リハーサルの模様。

1326530885879

冷えきった体育館の空気が、、伝わりますでしょうか?
また、ぜひ行かせていただいたいと願っています。
皆さんの、新しいスタートを、本当に応援しています。



そして、、 
来週の日曜日は!!

ニュー・イヤー・コンサート!!

EPSON006

やっぱり、新年のはじめ、
新しい一年に期待し、感謝して
皆さんと音楽を楽しみたいと思っております♪

場所は、大阪、池田にあります、池田バプテスト教会さまにて。

どちらさまも、どうぞお越しください~☆

 ゴスペル三昧。歌三昧。

2012年がはじまり、まもなく二週間が経とうとしています。

お正月気分からも抜けて、普段の生活に戻った...というよりは、
日々、”新しさ”を更新していっているような、、なんだか不思議な感覚の
今日この頃。
”毎日同じことの繰り返し” なんてことは本当はなくて、
”この瞬間は二度とはこない”というのが現実。
それを忘れないだけで、ひょっとすると何かが変わるのかもしれない、
そんな気がしています。 
2012年はこの調子で、、明るく生きていこう!!


さて、明日は、ゴスペル集団"Without You"とともに、某少年院でコンサートをさせていただきます!
一昨年に行った10周年ライヴ以降、ソロ活動に専念させていただいておりますが、
今回、この特別な機会に、私をゲストとしてお招きいただきました。
このような機会をいただき、メンバーのあたたかい理解と、皆様のご支援に心より感謝申し上げます。 

心をこめて、いつも通りの僕の歌を、歌わせていただきたいと思っています。

明日はその後、武庫川キリスト教会にて、初のゴスペル・レッスン♪
そして、夜は京田辺をベースに活動しているゴスペル・クワイヤー"Voice of Grace"の
新年一発目の練習で指導します☆
 
トリプル・ヘッダーで気合い満点!!!

皆さん待っててね~♪ 

 縁 つながる

皆様お元気ですか?

お正月はゆっくり充電できた福原です。

2012年はいろいろと模索していたものを形にする年。
そう決めています。

大きなことをイメージするあまり、どこから手をつければよいのかと迷いの森に
入ってしまうことが多々あるのですが、「まず、一つやる!」という思いで、
的を絞っていきたいと思います。

いっちょ想いを言葉に、、数年ぶりに、書き初めしようかな♪


さて、京都新聞(滋賀版)に私の記事が掲載されたという件で、
反響をいただきまして、どうもありがとうございました!!

「ぜひ記事を読ませて~」と他府県の方々よりお声をいただいておりますので、
以下、抜粋してこちらにアップさせていただきます。

ちなみに、今回のこの取材、3時間しゃべってしまいました。(苦笑)
まとめてくださった、京都新聞記者の小西さんに感謝します!




♪よせては返す波の音のように いつまでもこの胸に輝き続ける (「シナリオ」より)ー

シンガー・ソングライター 福原タカヨシ

「ゴスペルには生きる励みとなる力がある。歌うことで社会の役に立ちたい」。活動の原点には、湖国での数々の出会いがある。
近江兄弟社高(近江八幡市)の自由な校風で視野を広げた。創設者ヴォーリズの足跡を知り「キリスト者として社会に仕えた。自分の人の喜びになれれば」。好きな音楽の道を選び、琵琶湖など故郷の自然に着想を得て曲を作る今、「いろいろな出会いの中で自分がある」と実感する。
さらに人のつながりを意識したのが、東日本大震災だ。「関西から東北へ、音楽を通じて被災地を支援できないか」。縁をたどり、人の輪を広げている。(文/小西貴久さん) 

 2012年もよろしくお願いいたします☆

皆々様

新しい一年がはじまりました。

昨年は、想像もしなかったような出来事が起こり、
自分は「どう生きるのか」という問いを、 あらためて
考えさせられた年となりました。
 
年月は過ぎ去っていきますが、起こった出来事は決して忘れないでいようと思います。

そして、ここで与えられた想いを胸に、
大切に生きていこうと思います。

一人の人間として、そして歌を届ける者として。

2012年も何卒よろしくお願い申し上げます。

皆様にとって、喜び溢れる一年となりますよう、お祈りいたします。

福原タカヨシ


追伸
昨年末に取材を受けました、京都新聞(滋賀版)のインタビュー記事が、
元旦の新聞に掲載されました!

DSC_0857

今年も、うたいます!!!



Material by 青の朝陽と黄の柘榴/Template by Ophelia
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。