スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 東京REC合宿 ~ 5/20 ”サレガマ・ライヴ感謝!!!

皆様こんにちは、福原です。


先週は、水曜日から金曜日まで、URALiさんのレコーディング&ミックス作業のために
東京へ行っておりましたー。

P5185737
(URALi, 福,エンジニアの山田さん)

ま、作業ってのは、どこまでいっても時間がたりないものでして、
結局、関西に戻るギリギリまで作業してました。w

帰り道、静岡では、おどろくばかりの壮麗な富士山を見る事ができ、大興奮!!

246512_3692081934209_1040088913_3259617_499053080_n

すごいでしょ!?

足柄SAで、二階まで上がったら、こんな写真が撮れたのです。
ただでさえ、寝不足の異常なテンションを後押ししてくれました。w

その後、無事に滋賀に帰還し、翌日のライヴのリハを敢行。
さぁ、ここからは体力勝負でございます。

579382_353315748069478_100001731674546_903624_1763926011_n

たっぷりリハを終えて、おやすみなさいzzz



5/20(日)

この日はな~かな~かボリューミーな一日となりました。

まずは午前中に、滋賀県彦根市にある、重度障害者の方々の施設”彦根学園”の学園祭に出演してきました♪
野外ステージでの演奏は、風がとっても気持ちいい! 開放されます☆

終演後、熱心にきいてくれていた、女子高生のふたりが話しかけてきてくれて、
話をすると、なんと僕の母校の卒業生!!
実は、昨年度末に、僕の母校である近江兄弟社の中学校の卒業記念礼拝に歌をうたいに
行かせていただいたんですが、その時のことを覚えてくれていたみたいで、
再会をとても喜んでくれていました。僕も嬉しかった!!

P5205779

来週もまた、”花の日礼拝”という母校の学校行事に呼んでいただいております。
後輩のみんな、ほんとにかわいいな。楽しみにしています!!
待っててね!!


余韻を味わいつつ、早速、次の会場となる、大阪桃谷教会へダッシュ→
午後からの礼拝の中で、僕の曲"翼のない鳥”を歌わせていただきました。


どんなときも、変わらずにそばにいてくれた存在=神の愛をうたっています。
そして、その愛を知るからこそ、見えてくる世界があります。
何気ない日常に感謝です。

ここでの時間もあっという間。
いよいよ、待ちに待った、(というか待っていただいてました、汗)

大正サレガマでの初ライヴ!!

またの名を、
福原タカヨシ復活第一弾ライヴ!!

でした♪


1月末に声帯をいためてしまって、当初に予定していた2/26サレガマライヴを延期していただいての、
”この日”でありました。

ほんとに、じっくりお時間をいただいたおかげで、ほぼ完治することが出来ました。
もしかすると声質がえらく変わってしまうかも...という懸念もありましたし、このところは、
また別の原因で咳が止まらない症状が続いており、その不安もあった中でしたが、
本番は、気づけば見事にトータル三時間も皆様にお付き合いしていただきました。

IMG_5910

そして、僕にとっては、このライヴはもう一つ、特別な意味があったのです。

それは、昨年5/20に天国に召された僕の愛するプロデューサー、二木崇(ふたつぎ たかし)さんの
”メモリアルデー”、ということでした。
この日にライヴができて、そして、ご家族の方々も来てくださって、
本当に感無量でした。

今でも二木さんからいただいた沢山の贈り物は、僕の心の中で色褪せることなく、鮮やかに輝いています。

このようなかたちで、心を注いで歌う事ができたこと、そして、素敵なお客さんと一緒に
幸せな空間を分かち合えて、本当に感謝でした。

来てくださった皆様、関わってくださったすべての方々、スタッフ、サレガマのガンボさん、
本当にありがとうございました!!

また、今回、満席のために席がご用意できなかった皆様、ごめんなさい!!

次のライヴ、最高の夜にしましょう!!


次回のサレガマ・ライヴは、7/15(日)

沢山の言い切れない感謝とともに...

ありがとうございました!! 

 

takayoshilive

(左から、シゲ山本、福、URALi、URALiをねらうゾンビ=またの名を土本浩司)



P5205818_2

(URALi &福)

 
 




 
スポンサーサイト

 東北から全国へ。オカンからオカンへ愛をこめて。

皆さんこんにちは。



今日は皆さんにぜひご紹介したいものがあるのです!

 

東日本大震災で甚大な被害を受けた、宮城県南三陸町、志津川のお母さんたちと、
利府町のボランティアスタッフの皆さんが、革の加工製品を作っておられます。

町の名前、志津川からとって、その名も ”SHIZU革”。

 DSC_1134

とても丁寧な仕上がりで、そして何よりオッシャレです。


商品を販売することによって、私たちの思いが、具体的な形となって
南三陸の方々のお仕事を生み出します。

DSC_0981

(実際に作っておられる南三陸町のおかあちゃんたち)

DSC_0982

DSC_0980

(宮城県利府町にある、このプロジェクトを行っている非営利のボランティアグループ、”オアシスライフケア”の事務所内。作業工程の一つ一つを丁寧になさっておられます。デザイン性、製品としてのクオリティの高さに対するこだわりも感じられます。)

実は、利府町のボランティアスタッフの方々も、様々な形で被災されているのにもかかわらず、
このようにして、より苦しみの中におられる方々のために仕えておられます。
 
本当にすごいことだな、と...。





みなさん!!!

この商品。ほんとにオススメです。

色もピンク、赤、黒、キャメルと、いろいろあるのです♡ 
 

そして!!ただいま、東急ハンズ池袋店にて、ご購入できるそうでーす♪

関東の方はぜひぜひチェキラッチョしてください。
 


☆今日は母の日☆
 
東北のオカンが作ったお洒落な革小物を、リアルオカンにプレゼントしてはどうでしょうか?

fromオカン to オカン。僕らを経由して、ダブルオカンの笑顔につながるってすばらしい。

もちろん、心のオカン、キャラ的にオカン、なんかオカン、って友達にプレゼントするのもよし!!

オススメで~す☆


詳しくはこちらのHPをご覧ください♪
オアシスライフケア
http://oasislifecare.org/  
Material by 青の朝陽と黄の柘榴/Template by Ophelia
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。