スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今宵もよい音を♪

16903779.JPG最近、立ったままでも寝てしまう、ちょっと疲労がたまっている福原です。しかし、良くも悪くも楽曲製作に対する情熱は高まるばかり,,,。張り切っていこー!!
さて、今夜はご存知キーボーディストの、相方シゲ山本君を我が自宅スタジオに迎え、多忙なスケジュールの合間を縫ってエレビのレコーディングを敢行☆ わずか2時間というタイトな時間にもかかわらず、期待通りの素晴らしい演奏をしてくれました!さっすがシゲちゃん☆ そもそもシゲ山本というミュージシャンは、関西では知る人ぞ知る名プレイヤーであり、また、ケミストリーやK.といったメジャーアーティストにも楽曲を提供しているスゴい方なのです。

ま、そんなシゲちゃんの名演奏を、やはりこちらも理想の音で録りたいわけで、
今回はちょっと贅沢な機材をチョイス。(↓ここからはマニアックなお話です。。)
以前から気になっていた、AKGのC414のデモ機をメーカーさんとワタナベ楽器店の
ご協力でお借りし、それをAMEK 9098 DMAに繋げる。そこからMOTU 896 HDを
通して、MAC内のLOGICに流し込む。といったもの。
音源はというと、もともとFENDER RHODES SUITE CASEを弾いて、それを
そのままレコーディングしようと思っていたのだけれど、ちょっとチューニングが
あやしかったので、今回はやめました。その代わりに、CLAVIA NORD ELECTROから
出る音を、ローズのアンプに差し込んで鳴らすというこれまたマニアックな発想で
やってみました♪その結果、めーっちゃいい音で鳴ってくれたので、そのままレコーディング。
やっぱりラインで録るより、アンプで鳴らしたものをマイクで録った方が「生」な感じが
出ますね! これまた仕上がりが楽しみですデス☆
みなさんもお楽しみに~♪
スポンサーサイト

 コメント

 コメントフォーム













 秘密コメント

 トラックバック

 トラックバックURL

Material by 青の朝陽と黄の柘榴/Template by Ophelia
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。