スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 落語?

今日、駅前の本屋さんで、なーんとなく雑誌コーナーを見ていたら、
ちょっとオモシロそうなヤツがありました。
題しまして、『え~、なにせミュージシャンは落語好きなもので!」
(あらら!??ちょっと気になります...。)
で、パラパラとめくってみた。。
冒頭から井上陽水氏と立川志の輔師匠の対談!!ダダン!!ダンダダン!!!
(うわ~、、もう既にココロは買う気満々...。)
念のため、もうちょっとパラパラとページをめくっていく。

その他、諸々のミュージシャン達がこぞって
「落語がいかにオモシロいものか、素晴らしいものか」
ということを熱弁しておりまして、、
その上、「東京、大阪、寄席ガイド」といって、
各地の演芸場の解説、紹介なんかもついておりまして、、
結局即購入しちゃいました☆

決め手となったのは、僕の大好きな(おそらくみなさん意外でしょうが、笑)
サンボマスターのヴォーカル、山口隆氏が言っていたこの一言。
「落語は、ぶっ壊す鮮やかさと創り出すすごさを、兼ね備えている。」
......。
うーん、深い。そしてカッコいい!
もしも本当に落語がそのようなものであるのならば、、
これはマジで落語っていうものを僕は知らなくてはいけない。
そう思った。

先日、ある場所で、はじめて僕は、生の落語を体験した。
面白かった!!何かこう、いまだにその魅力を言葉に変換できない
状態ナンデスね...。

落語、そろそろ本格デビューしましょうかね。
あ、もちろんお客さんとしてです。

一緒に落語観にいってくれる方、ただいま募集中!(笑)
スポンサーサイト

 コメント

 コメントフォーム













 秘密コメント

 トラックバック

 トラックバックURL

Material by 青の朝陽と黄の柘榴/Template by Ophelia
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。