スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 あなたがいなければ

何となく、今日は文章を書きたい気分なので、ここに書こうと思います。

最近、ちょっと「疲れてますねー」と言われることが多い。。

確かに、カラダは疲れているなぁ。。と思う。

喉もあまりいい状態ではないし、そろそろ寝ないといけません。
でも、毎日やるべきことに追われて、その中で僕は僕なりに、
自分が生かされていることの意味を考える。

友人に借りた、ダイアン・リーヴスのライヴ音源を聴きながら、
しばし、一人でぼんやり考える。

僕は表現者。そう、歌うことでこの胸の中に鳴り響いている
思いを言葉にしてあなたに届ける。
歌うのがとにかく好きだから、有名になりたいから
僕は歌を歌っているのではない。
いいお金になるからステージに立っているのではない。

ただ僕は、この胸の奥から涙のように溢れ出る思いを、
あなたに届けたくて、歌を歌っている。

乾いた心の奥底にオアシスがあるのならば、
その泉の先には、荒地に雨を降らし、潤いと癒しと
命を与えてくださる神様の存在を感じずにはいられない。

真実の愛、それは自己を犠牲にしてまでも、
誰かを思い、行動すること。
イエス・キリストの十字架の愛を知るとき、
その愛の大きさはまるで大海の波のように僕を飲みこむ。

それは神様にしか出来ない、たった一つの完全な愛だった。
そしてその愛を今のこの瞬間も僕は感じることができるんだ。

僕が歌うのは、
それは、イエス・キリストの真実の愛を受けた喜びを
あらわし、あなたに伝えたいからなんだと思う。

僕の作品は、それほど具体的な言葉はないかもしれない。
宗教的な要素もないと思う。

それでも僕の音楽は、神様が僕に与えてくださったものだから、
僕はそれを神様にお返ししたいと思っている。


神様、
あなたがいなければ、
僕は歌うことすらできないものです

僕にあなたの愛を歌わせてください

あなたの愛に心から感謝します
スポンサーサイト

 コメント

 コメントフォーム













 秘密コメント

 トラックバック

 トラックバックURL

Material by 青の朝陽と黄の柘榴/Template by Ophelia
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。