スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 感謝

b369706c.jpg
49d7ca26.jpg
オリトさんトリビュートイベント、大盛況のうちに終了しました~♪

来てくださった皆さん、ホントにありがとうございました(^0^)/ みんなサイコー☆

それから、出演者の皆さん、僕は皆さんの熱いソウルをビシビシと受け止めました。心の芯があつくなりました。素晴らしいミュージシャンが沢山いてるなぁ~と今日も感動。
特はるばるに東京からSuga Pimpsさん!シュウタロウさん! 名古屋からは刃頭さん!魂男!ソウルマンさん!(笑) 本当にありがとうございましたー。

ホント素晴らしかった!!(T_T)

オーガナイズしてくれただっちゃん感謝します!

なーんにもライブの内容書いてないけどf^_^;
とにかく感謝感謝のイベントでした☆

個人的にはなかなか課題も残しつつ、でしたが、今日のコンディションで精一杯魂こめて歌わせていただきました。
まことさん、せきこ~ぢさん、サポートありがとうございましたo(^-^)o

そして今日も、オリトさんが残してくれた名曲の数々を心でかみしめ、僕も「そして僕を愛して」を歌わせていただきました♪
実は昨日、オリトさんと話をしたんです。「僕はこんな風に歌いたいんですけどどう思いますか?」って。
きっと今、オリトさんがこの曲を歌ってくれるとしたら、この曲の、「甘いラブソング」という形の先にある、何か真理のような世界を歌ってくれるんじゃないかと思うのです。ただの色恋モノじゃない歌を。最後に「感謝の歌」を世に残していったオリトさんだからこそ歌える歌を。

「愛してるから、愛して欲しい。」
「愛が欲しい。」

それは生きてるかぎり永遠に抱き続ける願望。愛するより愛されたい、という想いが先行する人間の弱さ脆さ。そんな情けない感情もさらけ出してしまう、これがソウルなのかもしれません。

今日歌わせていただいた、僕の新曲「螺旋」の冒頭「受けるより与える方が幸せだなんて、理屈だって心でだって分かってたはず、それなのに。。」っていう歌詞があって、つまり自分の心の闘いを歌っているんですが、なんだか僕には全てが繋がっているように思えます。

「そして僕を愛して」も、「感謝の歌」も、この「螺旋」も。

そんな風に歌っていきたいなと願っています。

感謝して
スポンサーサイト

 コメント

 コメントフォーム













 秘密コメント

 トラックバック

 トラックバックURL

Material by 青の朝陽と黄の柘榴/Template by Ophelia
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。