スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 バナナってすごい。

先日ふと「エコ」についてちょっと考えちゃいました。

火曜日は、朝~夕方まで学校で授業。それからWithout Youの練習に行くというのが毎週のルーティーンとなってます。練習が終わるは22時~23時。
夕飯を食べずにその時間まで動いてると結構おなかがすくんですよね。でもこの時間帯ってちょっとコンビニで買い食いしよかな~なんて思ってもやっぱり商品裏面のカロリー表記が気になります。。こないだなんか、ちょっとバタバタっと駅の売店で買った菓子パンが、後で食べながら裏面をチェックすると、、えーーーーー!!!!600キロもあんの!??。。。。ちゃんと確認しなかった自分を恨みました。うーん、恐るべし菓子パン。夜も遅いから小さいのにしよー、なんて思って選んだのに。これやったらおにぎり3つ食べれたやん!!と呟く。。それ以来すっかり菓子パン恐怖症にかかってしまった。。
そんなこんなで、間食するのにもちょっと慎重になってしまう今日このごろなんですが、そんな僕の気持ちを知ってか知らずか、メンバーの通称、南無婆さんがなんとフレッシュなバナナをプレゼントしてくれました!!そうやん、バナナなら吸収、燃焼スピードも早いし、怖くない!!ありがとう~南無婆さん♪

そして、その場で早速いただきましたー。ぱくぱく。


同じくバナナをもらったyamaさんと、バナナでピストルごっこしたり(お互いいくつやねん!)、一通り満足した後、ゴミ箱を探しながら道を帰り道をぶらぶら歩いてました。

そこで思った事...。


今この手にぶら下がっているバナナの皮を、ゴミ箱に捨てるのと、路上に捨てるのとでは、どっちがエコなんだろうか?と。


たとえば僕がゴミ箱にバナナの皮を捨てたとする。するとそれは次のような流れで処理されるだろう。
僕の手→ゴミ箱→ゴミ収集車→ゴミ処理場→焼却。さようなら。

でも、もし僕が路上にこれを捨てたとすると、もっと多くの可能性があるということに気づいた。
<パターン1> 僕の手→路上→野良犬の胃袋→糞→糞転がし→糞転がしの糞→草木の肥料。
<パターン2>僕の手→路上→カラス→おいしいとこを持っていく→残りの皮を蟻が運搬→蟻の胃袋→蟻の糞、死骸→草木の肥料。
<パターン3>僕の手→路上→大阪人→おいしいとこを持っていく→滑ってこける→みんなの笑顔。


いやぁ、素晴らしい。なんという可能性!



まぁ実際には、街の衛生面を考えると路上に捨てること自体はよくないのでしょうが、「エコ「エコ」
と言いつつ、それもまた一方では自分たち人間の価値観でしか考えられないのだろうなと思わされた瞬間でありました。

本当に地球やその他の生き物の尊厳を考えるのならば、自然に還らないモノはなるべく生産、消費してはいけないよなぁ...

うーん、バナナってすごい。だってちゃんと自然に還るもんなぁ。それにオイシイ!
スポンサーサイト

 コメント

 コメントフォーム













 秘密コメント

 トラックバック

 トラックバックURL

Material by 青の朝陽と黄の柘榴/Template by Ophelia
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。