スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 「一寸先は光」...10周年を終えて

2136336_113289572_227large

(photo by ZAN)

なにわのゴスペルグループ、Without You結成10周年記念コンサート『"Count Your Blessings"おかげさま!ライヴ』、本当におかげさまで無事に終えることが出来ました!!

ミュージシャン9名、クワイヤー(シンガー)12名、ボランティアスタッフの方々50名、音響照明の方々約12名、その他合わせて、当日は総勢80名~100名近くのメンバーが一つのチームとなっていました。
朝、搬入された機材は2トントラック2台分。控え室には、充分に満たされるくらいの数の、手で握られたおにぎり、お菓子、そして沢山の差し入れ。そして目に見えないところでのスタッフのお心遣いと尊いご奉仕と笑顔。。時間に追われる中での準備でしたが、そういったお一人お一人の「思い」がピリっとした緊張感の中にもあたたかい愛の輪を生み出していたように感じます。

そういった中でも、ライヴというものは必ず何か起こるものです。。
昨日はセッティングの関係で、開場時間が遅れ、早くからご来場くださっていたお客様に大変ご迷惑をおかけしました。お待たせして申し訳ありませんでした!

お待ちいただいていた間、ホールの中では最後の音の調整をしておりました。
時間が気になり、焦る気持ちもありましたが、
「最高のステージを来てくださった皆様にお届けすること」こそが最優先課題であり、
それこそが何よりもの「恩返し」だという気持ちで、優秀な音響スタッフの方々とともに
精一杯準備いたしました。




そして、開場。

お客様は僕が考えていたよりもはるかに多く(まだ最終集計は出ておりませんが)
1Fの800名席がほぼ満席となり、2Fの招待席にまで動いていただいたということですから、
本当にそれは素晴らしい体験でした。
(後から聞いた話ですが、開場後20分で開演となるも、それだけの数のお客様を円滑にご誘導してくださったというスタッフの方々の仕事っぷりにも脱帽です。)


そして


ついに開演!!!


"Key"伊藤誠氏が編集制作してくれたメンバー全員の声が収録されたSE(効果音)が終わると
同時にバンドの第一発目の音!!



完璧。

まるで映画を観ているようでした。




あとはもう皆さんとともに突っ走るのみ。

全身全霊で歌い、踊り、叫び、演奏した2時間15分。

もちろん特別ゲスト、小坂忠氏のステージは圧巻。こんなに贅沢な瞬間はないでしょう。
本当に贅沢なひとときでした。


以前ある牧師先生から聞いたことばで「一寸先は光」というものがありました。

ふと、今日この言葉を思い出し、ゴスペルのもつメッセージは、まさしく「一寸先は光」
なのだと気づいたのです。


「一寸先は光」


恐れや不安や苦しみの中にあろうとも、必ずその先に光が差し込む

これがゴスペルのパワーであり、人を癒し、慰め、励ましとなる

そう思うのです。


聴く人も歌う人間も、すべてを包みこむ愛のパワー、それがゴスペルなんだ!と
昨日のライヴを終えた今、心の奥深くにあるあたたかな日だまりのような喜びを胸に、
肉体の疲労も心地よく、すべてが感謝であったと心から思うのであります。


10年という年月は、出会い、支えてくださった皆さんのご支援とご協力、そして祈りによって
刻まれた歴史です。ここまで本当にありがとうございました!!

これからも、必要とされる場所で歌い続けていけるよう、この愛の輪を大きくしていければ本当に幸いに思います。時代は流れ、形は変わっていくでしょう。しかし、どのような形であったとしても、自分のやるべきことを全うし、その中で与えられた恵みを数えつつ感謝して歩んでいきたいと思います。


今後とも、福原タカヨシ、そしてゴスペルグループ"Without You"をどうぞよろしくお願いいたします!



p.s
ステージの写真は、また後日いただき次第upできればと願っています。お楽しみに♪
スポンサーサイト

 コメント

 コメントフォーム













 秘密コメント

 トラックバック

 トラックバックURL

Material by 青の朝陽と黄の柘榴/Template by Ophelia
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。