スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ”本物”とは何か?~ORITO Tribute 2011~

 ”本物”は、時空も距離も飛び越えると信じている。

それが本物”であるかぎり、そこには命がある。

そしていつまでも輝き続ける。


では、”本物”ってなんなんだろう?


その問いに僕が答えるならば、僕は

「愛の結晶だ」

と言いたい。




享年43歳でこの世を去った、孤高のソウルシンガー”オリト”。
オリトさんをリスペクトし、愛して止まないミュージシャンが集い、先週は東京で、そして昨夜、大阪でトリビュートライヴが行われました。
以前の日記でも告知しましたが、僕は大阪公演に出演させていただきました。
昨夜は、カバーアルバム”クオリア”に収録させていただいた、オリトさんの名曲「そして僕を愛して」と「Say You Love Me」を歌わせていただきました。来てくださった皆さん、どうもありがとうございました!!


 
オリトさんの音楽、それはまぎれもなく”本物”です。

そこには犠牲もあり、闘いもあり、時には苦しみもあったと思います。本物を生み出すというのは、そんなに簡単なことじゃない。

オリトさんの音楽へのひたむきな愛は結晶となって、いつまでも僕らの胸の中でキラキラ輝き続けています。

昨夜のステージには、ゴスペラーズの村上てつやさん、Jaye公山さん(&Ko-jayes)、CHAKAさん、Suga-PimpsのアフロTこと高橋篤さん、TOMICAさん、FREEFUNKの芽芽さん、DJ刃頭さん、またホストバンドのメンバーは、清水興さん(ベース)、SASSY TOMOさん(キーボード)、せきこーぢさん(ギター)、星川薫さん(ギター)、中村岳さん(ドラム)、という本当に豪華な面々が集まりました。
 
それぞれにオリトさんの曲や生前オリトさんがカバーしていた曲を熱唱熱演し、ラストはやっぱりこの歌。「感謝の歌」でした。

0410

こんなにメッセージがストレートに響いてくる日本のソウルナンバーは、この曲以外に僕は知りません。”曲に力がある”、とはこういうことだと思います。昨夜、歌わせていただいて、メンバー全員がその意味を痛感していることと思います。

オリトさん、最高の音楽を本当にありがとうございます!
僕らは生きているかぎり、オリトさんの音楽を沢山の人とシェアしていきます。そして、僕は僕の「愛の結晶」を残していけたら最高だなと思います。

スポンサーサイト

 コメント

 コメントフォーム













 秘密コメント

 トラックバック

 トラックバックURL

Material by 青の朝陽と黄の柘榴/Template by Ophelia
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。