スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 いま、あなたはナウいですか?

あまり知られていないのだが、私は滋賀県民である。

あ、これはわりと知られてるか。。

では、少し昔話をしてみよう。



私は、関東(神奈川)で生まれ、小学生時代を京都で過ごした。

小学6年の夏、家族と共に滋賀へ移り住むことになった。来てみると、まわりはみんな、田舎者だった。そしてもれなく自分もそうなった。

それでも、中学生にもなると、週末に京都の若者のトレンドロード、「新京極」へ行く自分に"イケてる感"をおぼえ、暇があったら通っていた。

まだ三条京阪の駅が地上にあった時代だ。


わざわざ通う、ナウい自分が好きだった。


高校に入り、興味をもつものが、ファッションだけでなく、音楽にどっぷりとはまり、休みの日はもっぱら河原町界隈にあったVirginメガストアとタワレコの試聴コーナーだけで半日は過ごしていた。

なにせすべてがフレッシュだった。

特に、Virginは、落ち着いた照明と黒を基調とした内装がたまらなかった。B1フロアには、DJブースがあり、時々外国人DJが渋い声でMCをしていた。

「あぁ、俺もいつかこんなお店で働きたい!」と夢見た十五の夜。



あれから二十年。


京都の街の香りは、今でも僕にあの日の高まる想いを教えてくれる。


ここにくれば、俺はいつでもナウいんだ、と。


そして、ここ数年は、普段着もさることながら、衣裳もお世話になっているお店がある。





ジャパンメイドのこだわり。

気取りすぎていない大人の装い。

そしてMサイズが自分にぴったり。



印 (イン)

http://www.in-net.gr.jp/





全国のナウい男性諸君、是非、お店に行ってみてほしい。

笑顔が素晴らしいスタッフの方々が待っているよ。


追伸
先日のNHK FMでの衣裳、ラジオだというのに、こちらでガッツリコーディネートしていただいた。これからも、ナウい自分でありたいと思う。
スポンサーサイト

 コメント

 コメントフォーム













 秘密コメント

 トラックバック

 トラックバックURL

Material by 青の朝陽と黄の柘榴/Template by Ophelia
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。