スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 BROOKLYN→LONG ISLAND

d88e80ae.jpg9/9 の土曜日、ブルックリンに行ってきました。
ここはマンハッタンから橋を渡ったらすぐのところで、『ブルックリンには犯罪といわれるものは全てある』というようなところです。。しかし、僕が行ったパークスロープというところはかなり治安もよくて、最近は特に街の発展も著しく物価がどんどん上がっているとのこと。もともと僕は以前ニューヨークに来たときもブルックリンに滞在していたので、やはりこの街には思い入れがあるなぁと、その日行ってからあらためて思った。
なんといっても、アンティークな建物の外装(内装も素晴らしいです。)と、細い路地が何だかホッとさせられます。また、人間味溢れる街の人たちの雰囲気も好きです。ちょうどこの日も、誰かの誕生日だったのか、一つの路地を通行止めにして、その地域のみんなでワイワイとブロックパーティーをしていました。ステレオを外に持ち出して大音量でダンスクラシックスをかけて、みんなで踊ってました♪みなさん決して裕福な家庭ではないと思うのですが、そうやって励まし合って、ともに楽しく生きることを大切にされているんだなぁということに心動かされました。
その夜、僕は一泊25ドルの安宿で一夜を過ごし、次の日の朝、ロングアイランドにあるニューヨーク日本語教会へと向かいました。

9/10,日曜日。ニューヨーク日本語教会は木戸ブライアン先生が牧会をされておられる教会で、その名の通り日本語で礼拝されています。その日はブライアン先生が残念ながら不在だったのですが、僕が自分のおはなしと歌を歌うことになっていたので、そちらに向かいました。
ブルックリンのFLATBUSH駅からBELLMORE駅という駅までLIRR(LONG ISLAND RAIL ROAD)鉄道に乗り、約1時間。このあたりも、僕が今滞在しているニュージャージーのように、やはり自然に囲まれた静かな街でした。
礼拝も無事に終わり、僕のCDもおかげさまで完売しました♪ありがとうございます。
その後、教会で知り合ったMORIさんという男性の方が「是非うちに来て食事をしましょう」と言ってくださり、急遽その方のご自宅へお邪魔することに。実はMORIさん、僕の大学の大先輩だったのです!また、僕が音楽を学ぶためにアメリカに来ていることを知ったMORIさんは、息子さんが趣味で音楽活動をしているからということで、僕と息子さんを引き合わせてくださいました。奥様のお手製の美味しいお食事と楽しい会話で本当に素敵なひとときをプレゼントしていただきました。MORIさんどうもありがとうございました!
その後、僕はまた電車に乗ってマンハッタンまで戻り、今回の旅でははじめてのライブ鑑賞へ♪
つづきは次の書き込みへ...
スポンサーサイト

 コメント

 コメントフォーム













 秘密コメント

 トラックバック

 トラックバックURL

Material by 青の朝陽と黄の柘榴/Template by Ophelia
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。